英語・英文添削サービス アイディー体験記

英文添削の内容 4

私がアイディーに添削依頼をした英文に対して、どのような添削がなされたか、その内容、英文作成の指導内容などの詳細を具体的にお伝えします。

英文添削の内容 4

 

その代わりに I'd appreciate if you could 〜していただけるとありがたいです

 

この表現がぴったりですので、これをつかって作文すると

 

I'd appreciate if you could arrange transportation from the airport on June 1st and accommodation from June 1st to 7th.

 

you が arrange するのは transportation と accommodation で、それを and でつなぎました。

 

こうすると文がすっきりして、意味がとてもわかりやすくなりますね。

 

〜していただけるとありがたい、は他に

 

It would be very nice if you could  という表現もあります。

 

添削で指導を受けている、「主語」については、ビジネス英文では文章を短くする傾向があり、これは昔、e-mailやFAXが普及する前は、海外との英文通信が電報やテレグラムで行われており、その時代は1文字いくらのコストが掛かるため、極力、短い英文で交信する必要があった。

 

例えば as soon as possible は、ASAP のように略して交信がなされていた。

 

私の英語の先輩の影響で、私が作成する英文も、この「短縮」する傾向があり、特に私の「 I 」が、何度も英文に出てくるのは、あまりスマートに感じられないので、敢えて主語を略している。

 

なので主語が省略されているという指摘は、まさにその通りと言うべきであり、英語の学習指導としては正しい添削と言えるだろう。



ホーム RSS購読 サイトマップ
無料お試し添削 実際の英文添削依頼 実際の添削結果と内容 アイディーの評価と活用法